創作活動の部屋。
縮小サイト的ブログです♪オリジナル・2次創作・日記など。

++このブログのご案内++

このブログは黒夜@MidoriNanoが作った    オリジナルと版権の小説・詩・イラスト   を扱っています。

このブログにある全ての文章・画像などはすべて著作権があります。勝手に持ち出したり引用したり転写はしないで下さい。

創作物以外にも、雑記や、VOCALOID(主に鏡音レン)やネオロマンス、RED STONE プレイレポも扱っています。こんなごちゃごちゃのブログですが、宜しければご覧になってくださいな♪<(_ _)>
※旧サイトは閉鎖しました。残した落書き掲示板はお気に入りサイトに貼ってます※                           C 2008-2015 黒夜@MidoriNano

拍手する
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
拍手する
ちょっと色々あって・・・(-_-;)
祭りってなんだろう?

今サークルでずっと話題にしている文化祭の話。
ふっと記憶が甦りました。あの高校の部活の時もこんな感じだったなぁって。

空まわり。

私が思うほど、周りは思い入れがなくて、結局強制的にやらせたあの文化祭。準備に集まってくれたくれた人は、今思えば当たり前で少なくて。そりゃそうだ。やりたがってるのは私だけだったんだから。無理やりで来る訳がないよね。

あの頃は若かったから、馬鹿なこといっぱいした。もちろんそれは今もしているんだろう。後で気付く。

後悔する。

あの時の言葉はなんて残酷な言葉だったのか。どうしてそんな言葉を投げかけたのか。そりゃ後輩が怒ったのも当然で。でもあの時のこと。最近良く思い出す。今は整理できるから。後悔の念とともに、あの時あった衝動を上手く言葉へと片付けられる。

 それはうらやましさからも来てたんだ。

今は納得できる。才能が羨ましかっただけ。でもそれだけでもないのも事実。でもあの時は若かったから。言葉選びが感情をそのままぺろりと出たんだ。そっちの方が大きくて。人としてダメだった点。だから、あの後輩はもう連絡をとってくれないのも当たり前で。納得できてる。普通に。あぁ。当たり前だよね。自分に置き換えても嫌だもの。
 でもあの時。部長として部の危機を思ったのも本当で。敷居が高いと思ったのも本当なんだ。だって彼女の才能は、高すぎるから。部員として欲しかったのは、もとから物書きな素質を持ってる人だけでなく、初心者。つまり、私もこんな風に物を書いてみたいな・・・っていうそういう人にとっては、彼女の才能の高さを見て、私じゃ無理かな。って終わらせるじゃないかな。ってそう思ったのも本当なんだ。こんなの、今更言い訳がましいけど。でも、実際知ってるから。レベルの差を見て、諦めるそういう人がいるってこと。だから。部長として危機感を持った。でも言霊は、妬みの方が強かったんだと思う。あんな傷つける言葉はくつもりはなかったんだ。本当は。

こう、最近考える。文化祭から思い出されたあの出来事。そして文化祭。

はっきり言って。不安なんだと思う。

周りが思うほど、周りはそう思ってないんだって。

私はサークルを作ったものだから、その視点しかできてないんじゃないかなって。また強制的にやらせるのが、やらせてしまう事になるのが怖い。でもやれるなら。したい事がある。この葛藤が。どうしようもなく。ただ時間を過ぎさせる。

空回り。

協力するってさ。積極的、自発的、そう、じゃないよね・・?
同情からくるものに似ているのかもしれない。

だから、よく考えなければいけない。
私の視点とは違う視点がある事を。

最近はよくそんな事は考えては、どうしたもんかなぁ。ともがいております(-_-;)
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 創作活動の部屋。 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。