創作活動の部屋。
縮小サイト的ブログです♪オリジナル・2次創作・日記など。

++このブログのご案内++

このブログは黒夜@MidoriNanoが作った    オリジナルと版権の小説・詩・イラスト   を扱っています。

このブログにある全ての文章・画像などはすべて著作権があります。勝手に持ち出したり引用したり転写はしないで下さい。

創作物以外にも、雑記や、VOCALOID(主に鏡音レン)やネオロマンス、RED STONE プレイレポも扱っています。こんなごちゃごちゃのブログですが、宜しければご覧になってくださいな♪<(_ _)>
※旧サイトは閉鎖しました。残した落書き掲示板はお気に入りサイトに貼ってます※                           C 2008-2015 黒夜@MidoriNano

拍手する
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
拍手する
チベットデモについて、今考えなければいけないこと。

ちょっと珍しく、時事について。





今、チベットが大変みたいですね。私に出来る事は、なんだろう?そう思う日々です。TVでは他国との関係がある為にオブラートに包み込まれているこの事件ですが。死傷者がでないわけがないんですいよ。武力行使してないはずなんかないんですよ(´・ω・`)

もうちょいつっこんでニュースしろよ!他のニュースや日本国内の自民党の事とかだったら、色々取り上げて特集組んだり、キャスターがやたらコメント言ったり。。。BGMをいかにもっぽくして誘導したりするくせに。

この差が悔しいです。

でも、流石に今回は、察しのいい皆さんは感づいているはずです。
情報操作された情報がどんなものかという事、TVが如何に無力かという事。正しい知識はTVから与えられるわけでもないということ。

知る事は決して無力なんかじゃありません。知ることがまず一歩となるのです。
よく、1人じゃ何も出来ないというけれど、実際は全く持ってそんな事ないんですよね。

こんな事書いても、目に付く人はどれくらいいるのだろう?てかこのブログほぼ人の行き来皆無だし(^^;)でも、それでも、やっぱり、投げかけるのはしたいです。ひぐらしでいう、小石を投じることで波紋が起こるなら…ってあれですね!

今日も、チベットでは武力行使でなす術もなく、殺されている人達がいる。そしてそんなチベットの人は、生きることに必死でもがいている。

同じ年頃の子も、それ以下の子もいるでしょう。
私は日本に生まれたから、今こうやってPCに向かったりTVに向かったり色々考える事ができる。チベットに生まれてたら、激しい差別の中暴力も受け、今頃死んでたかもしれません。

中々私達日本人には考えつきません。
私たちの義務教育の中には、「反戦平和主義」が強く息づいているから。残酷な真実から目を逸らしたがります。それは、反戦平和主義が根付いているから。過激な意見は避けたがります。でも決してそれを忘れてはいけないとそう思います。文化メガネをかけて物事を見ている事を把握しているか?そして把握した上でみているか。

ネット上にある情報が絶対正しいとは言い切れないけど、むやみに隠すTVよりは色んな切り口で事象をみている情報がある。それらをはしごして見るほうが、真実に近づけると思います。

 

一刻も早く、チベットの人達の救済を願います。

早急の救済措置が出る為にも、願わくば、多くの中の1つでいい、小石になりますように……

 









http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080317-00000046-yom-int

テーマ:海外ニュース - ジャンル:ニュース

コメント
この記事へのコメント
左翼寄りと言われている朝日にも中国国内の報道規制について触れられていましたし、中国の報道規制もようやく一般の人に知られるところとなったと思います。ですが中国国民にはまだ知られていないでしょうね。彼らが中国が海外からどのように見られているかを知るにつれ、物事は少しずつ前進していくと思います。
2008/03/18 (火) 13:16:55 | URL | fuku #-[ 編集]
ナイフを持ったねーちゃん
ニュースを見ていると、偶然そに居合わせた青年旅行者が目撃談を語っていた。
その中で、デモに参加していた若いかーちゃんが、ナイフを振りあげてわめき散らしているといっていた。
その女性の激越な怒りを想像すると、どうかなりそうになった。
凄まじく、そして、何よりも原初的だ。

うちのしなびたかーちゃんが、テレビに食いついているぼくに「何があったの?」と聞くので、「ナイフを握った女性が、デモ隊のなかに、いたというぜ」といおうとしたら、「ナイフを……」といっただけで、どっと涙があふれ、後が続かなかった。
あちこちの中国大使館に躍りこんでいく、チベットの人たちのあの、向こう見ずで、むき出しの、強烈な怒りには、ほんとう、目頭が潤むほど揺すぶられる。

あれこそは、腹の底からあふれ出る怒りというやつだ。

はじめての書き込みの(気にしないで、記事に触発されたらどこでも挨拶抜きで書き込みます人間ですから)ご無礼、深謝。
気にしないでくださいませ。
2008/03/18 (火) 15:55:43 | URL | 労働者のありったけ #mQop/nM.[ 編集]
ダイレラマは嘘つくだよ!!!チベットは新中国が出来た前に奴隷社会、ダイレラマは貴族、奴隷主たちの指導者だから。チベット教では二派を分かられて貴族と奴隷主たちの指導者はラマと呼ばれて平民と奴隷たちの指導者はバンセンと呼ばれる。共産党は奴隷制度を壊したからだ。日本のマスコミはちゃんと責任を持って語ってください!!
2008/03/19 (水) 00:29:32 | URL | 中国留学生 #-[ 編集]
コメントありがとうこざいますペコリ(o_ _)o))
>fukuさん
コメントありがとうございますペコリ(o_ _)o))
そうですね、ようやくといった感じでしょうか。。まだまだ情報が不足してて、いろんな一部の情報から考えることしか出来ませんけど。前進する事を願ってやみません。

>労働者のありったけさん
いぇいぇ、コメントありがとうございますペコリ(o_ _)o))
あそこまでの怒りというのは、日本ではなかなか体験できにくいと思います、だからこそそういうのを目の当たりにするだけですごくショッキングですよね。。。命がけで戦う程の怒りにはどれだけの悲しさがあるんでしょうか。。何かがあるから怒りは生まれると思うので、あれだけむき出しになるには、やっぱり何かがおかしいのだと思います。

>中国留学生さん
コメントありがとうございます。
事実としては、中国は情報を隠してますよね。それでは、どういう放送が流れても仕方がないと思います。やましい事がなければ、情報を出すべきだと思います。
国営放送で、もうすっかり普通の生活が開始されているという放送もされていましたが、今日のニュースでは暴動は止まっていないとニュースが出ていました。多分、日本が戦時中によく行った国内の情報操作が行われているという事実も見え隠れします。多分、日本で放送されている内容は、他国でも同じ内容やそれ以上の突っ込み具合のニュースがたくさんあると思います。YOUTUBEとかでも見られると思います。
2008/03/20 (木) 01:31:37 | URL | 菜野緑 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 創作活動の部屋。 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。